• ホーム
  • タミフルが効く仕組みとは

タミフルが効く仕組みとは

鼻をかんでいる女性

医療機関でインフルエンザの治療に広く利用されているタミフル。
このタミフルがどのような仕組みで作用するかについては、まずインフルエンザウイルスがどのような順序で増殖するのかを理解しておく必要があります。
鼻や口から侵入したウイルスは体内の細胞に入り込み、そのなかでタンパク質やRNAを合成します。
ウイルスは自ら増殖することができないので、人の細胞を利用するのです。
やがて細胞の中で増殖したウイルスは外部に放出され、さらに周囲の細胞に感染を広げていきます。
こうして瞬く間に体内はウイルスに汚染され、高熱などの症状が引き起こされるのです。
インフルエンザの特効薬として知られるタミフルですが、じつはこのウイルスそのものを退治することはできません。
タミフルはノイラミニダーゼ阻害薬と呼ばれている種類の薬で、ウイルスに感染した細胞の中で増殖したウイルスが、外に放出されるのを阻害する薬なのです。
ノイラミニダーゼとはウイルスの表面にある糖蛋白で、増殖したウイルスが外に放出されるのを助ける役割をしています。
タミフルにはこのノイラミニダーゼの働きを阻害する効果があり、それによってウイルスの新たな増殖を防ぐことができるのです。
タミフルは発症から48時間以内に服用しなければいけないとされていますが、これは上記で説明したようにインフルエンザウイルスの増殖を抑える薬だからというのが理由です。
ウイルスそのものを退治するわけではないので、すでに増殖してしまってから服用しても意味が無いのです。
高熱や関節の痛みなどインフルエンザの疑いがある症状がでたら、できるだけ早く医療機関を受診してタミフルを手に入れたほうがいいでしょう。
また、最近は通販サイトでタミフルを購入することも可能です。
こういった通販サイトに不安がある方は、その通販サイトを利用した際にどのような対応だったかなどの口コミ評価サイトもあるので、購入前に一度覗いてみるといいでしょう。