• ホーム
  • タミフルで治らないときには感染経路に直接届く吸入薬

タミフルで治らないときには感染経路に直接届く吸入薬

スプーンの上にあるカプセル

インフルエンザは飛沫感染を主な感染経路とするウイルス感染症であり、季節が訪れると多くの人が感染して苦しむことになっています。
インフルエンザに対する有効で安全な治療薬は長らく存在していませんでしたが、ノイラミニダーゼ阻害薬が開発されたことによってその治療が可能になりました。
その中でも経口薬として利用できるタミフルは人気が高く、多くの治療実績を上げてきているのが現状です。
しかし、タミフルを飲んでもインフルエンザが治らないという経験をする場合もあります。
その原因として最も大きいのは耐性ウイルスの出現であり、タミフルが広く利用されていることによってタミフルが効かないインフルエンザウイルスもしばしば見かけられるようになってきています。
こういった場合には他のノイラミニダーゼ阻害薬を使用することによって治療が可能である場合が多く、タミフルが効かないと感じたら速やかに医師を再受診して別のインフルエンザ治療薬を処方してもらうのが得策です。
その際に用いられることが多いのが吸入薬であり、当初は日本人にはあまり馴染み深いものではなかったことから流通していませんでした。
しかし、感染経路になる肺に直接薬を到達させることができるというメリットがあるため効果がより期待できるのではないかと考えて好む人もいるのが現状となっています。
タミフルを使っても治らないというときに限らず用いることができるインフルエンザ治療の選択肢として知っておくと良いでしょう。
また、治らない原因が安静にしていないことで体力や抵抗力が不足している場合もあるため、インフルエンザにかかってしまった場合には安静にして回復に努めるようにするのが重要です。

サイト内検索
人気記事一覧