• ホーム
  • タミフルの服用期間と発疹などの副作用について

タミフルの服用期間と発疹などの副作用について

タミフルはインフルエンザ治療に用いられる薬です。
インフルエンザは、インフルエンザウイルスによって起こる感染症です。
インフルエンザの潜伏期間はとても短くて、感染してから24時間以内に38度から40度ぐらいの高熱と、頭痛や悪寒などの症状が出始めます。
48時間から72時間ほど経過する頃には体内でのウイルスの増加がピークに達し、頭痛や倦怠感、食欲不振などの症状を伴って体調が悪化します。
インフルエンザウイルスは、増殖する際にノイラミニダーゼという名称の酵素を必要とします。
タミフルにはノイラミニダーゼの働きを抑制する作用があり、体内でインフルエンザウイルスが増殖するのを抑えることができます。
A型とB型のインフルエンザウイルスに効果があり、インフルエンザを発症してから48時間以内にタミフルを投与すると、罹患期間を短くすることができます。
但し、発症してから48時間以上過ぎてから投与しても効果はありません。
インフルエンザの予防薬としても利用可能ですが、日本では健康保険が適用されません。
タミフルは成分がウイルスに感染している部位まで到達するのに時間がかかりますが、吸入投与するタイプの薬よりも投与が簡単なので、高齢者や小さな子供を治療する際に用いられます。
タミフルの服用期間は5日間です。
インフルエンザの症状がなくなって体調が良くなっても、体内にウイルスが残っている可能性があるため、服用を開始してから5日間はタミフルを飲み続ける必要があります。
タミフルを服用後、吐き気や腹痛、下痢などの副作用が生じる場合があります。
きわめて少ないケースですが、子供や未成年の患者で幻覚や異常な行動をするようになった事例が報告されています。
発生数は多くありませんが、発疹やかゆみ、皮膚が黄色くなるなど肝臓に関連した副作用を引き起こす場合もあります。